老後に備えてマンション経営をするという方法

案内する女性

マンションに投資する

集合住宅

資金不要のメリット

資金がなくても投資ができるという点が注目され、マンション経営の人気に火が付きました。金銭での投資であれば資金となる元手がなければ投資することはできません。金融機関に借りようと思っても、投資にお金を貸してくれることはありません。しかし、不動産投資については、1つの事業としてとらえられますので、購入するマンションを担保としてローンを組むことができるのです。投資のために資金を借り入れることができる数少ない例ですので、特に一般投資家の中で人気があります。物件にもよりますが、購入する際にはちゃんと市場の需要を調査したうえで行いますから、予想以上に家賃収入が少なくあるということはあまりありません。リスクとして考えられるのは空室に伴う家賃収入くらいです。

増加する不動産投資

今後のマンション経営の見通しとしては、増加が見込まれます。マンションの建築費用は市場価格の上昇や消費税の導入などによって高くなっていくことが予想されますが、一方で、低金利の影響で資金の借り入れが容易になっています。マンション経営に係る費用はマンションの購入費がほとんどですから、借入のための金利が少なくて済めば、その分だけ収益率は高まります。また、株式などに投資していた人が市場の変化に対応しきれずに、新たな投資先を検討しています。株式市場が大きく変動しているのに対して、マンション経営などの不動産投資は安定した収益を見込むことができますので、今後、新たにマンション経営を始めようとする人が増加すると予想されるのです。