老後に備えてマンション経営をするという方法

案内する女性

不動産投資のリスク

外観

空室リスクに対応

投資をして資金を増やしたい場合、不動産投資を考える人が多く居ます。その中でもマンション経営は人気の投資方法です。しかし、マンション経営を始める場合に注意しなければならないことがあります。それが、空室リスクです。マンション経営は比較的リスクが少ない投資と言われていますが、空室が生じてしまっては収入そのものが入らなくなります。マンション経営は空室リスクにどのように対応するかで成功するか失敗するかが決まります。どんな物件であっても必ず入居者が退去するという事態は発生します。オーナーや物件の管理体制に不服があって退去していく場合は論外ですが、通常の自己都合による退去であれば仕方ありません。その後、すぐに新しい入居希望者を集めることが大切なのです。人気物件であれば、広告を出すだけで入居希望者が集まりますが、周囲に空き部屋が多いようなら、何らかの手を打つ必要があります。

空室対策は早期対応が重要

マンション経営における空室対策としては、物件の魅力向上が一番の方法です。リフォームを行って新築同様の物件に改装するとか最新のセキュリティ設備や浴室機能、人気設備を設置するなど、ある程度の追加投資を行って物件の魅力を高めることが重要です。さらには、これらの物件のメリットを広告等で積極的にアピールすることも必要になります。マンション経営はスピードが大切ですから、短期間で成果が出ないようであれば、家賃の引き下げなどの入居条件の緩和も視野に入れて早急に対応する必要があります。空室期間の長期化は建物全体に広がっていく可能性があります。そうなると新しい入居希望者はさらに期待できなくなりますので注意しなければなりません。